>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のサプリメントの現状

日本のサプリメントは、米国より10年以上、栄養学は20年以上遅れている!?


アメリカでは、「サプリメント健康・教育法」(DSHEA)という法律でサプリメントは「食品」と「薬」の中間的な存在としてはっきり定義されています。また、効果の裏付けである科学的データの提出・検査方法・臨床結果 … の他、詳細な情報提供が義務付けられています。

一方、日本にはそのような法律はなく、サプリメントは「単なる食品」に分類されているため、健康食品市場には「良いものと悪いもの」が混在しています。

日本でもようやくアメリカからの圧力によって、保健機能食品(特定保健用食品+栄養機能食品)というカテゴリーが設けられました。

しかし、特定保健用食品は何らかの「有用性」は認められてはいるものの、実際にはどのような科学的根拠があり、どれだけの数の人に対して臨床試験が行われて、結果はどうだったのかなどの情報は全く開示されません。

ですから、消費者は商品の良し悪しも、商品のクォリティーを知ることも調べることもできません。そして、直接的に「何の疾病」の改善につながるのか、具体的な内容を表示することもできません..........

アメリカの「サプリメント健康・教育法 が、科学的根拠が認められる「サプリメント」には、積極的に「効能」や「効果」を開示することを認めている先進的な法制度であることを考えると、日本は、まだまだ「サプリメント後進国」と言わざるをえません。

とはいえ、アメリカのサプリメントが全て良質かというと、そうとも言えません。

上記のようなことから、日本のサプリメントより基本的なレベルは高いと考えられますが、そのクオリティーは様々です。たとえば、表示された成分が入っていなかったり、表示量より少なかったりという事もあるようです。

がしかし・・・

アメリカのサプリメントは、FDA( 食品医薬品局)の厳しいチェックや、第三者機関の厳しい監視があり、粗悪な品は淘汰され、結局は生き残ることが出来ません。

それに比べ日本のサプリメントや健康食品は、原則的に「野放し状態」といえ、市場には「不当に高価なもの」や「いいかげんな製品」が堂々と出回っています。

大手メーカーや製薬会社のサプリメントだから良質(高品質)とも限りません。もちろん、出元のはっきりしないものよりは安心と言えるとは思いますが...

単に、名ばかりの栄養素を詰め込んだだけのサプリメントにはあまり結果は期待できません。(この事ついては「本物のサプリメントの選び方」の各ページをご覧ください。)



また最近は、「オーガニック」「ナチュラル」「無精製」…など、いかにも良質そうなサプリメントも見かけるようになりました...

しかし、どれも加工方法や保存方法ほか詳細な情報が少なく(あったとしても情報が抽象的で曖昧で)「本当に良質なの?」と疑ってしまうものがほとんどです。



それ以前に・・・

日本では、「薬事法」ほか 様々な条件が弊害となって、日本では結果の出る「良質なサプリメント」 は製造も販売もできない。というのが、「サプリメント後進国」のサプリメントの実情なのです。



確かに日本のサプリメント(栄養補助食品)も少しずつながら良くなってきていると言えるかもしれません...

しかし…

「粗悪なサプリメントは市場から排除されてしまう」というアメリカのサプリメントとは、まだまだ如何ともしがたい歴然とした違いがあると言えるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
最近の記事
リンク
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

インフォブログランキング
ポチっと応援お願いします。
>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。